医学部合格を目指す|塾を利用して学力をアップ

幼児期の環境が大切

男女

優秀の子の作り方

難関大学の学生は子供の時から優秀だった人が殆どです。幼児期の環境が良く、幼児期から脳が活性化されている人が多いです。脳を活性化するには、好きなことをやったり、脳が活性化しやすいことをしたり、集中力が高まることをすると良いです。難関大学の学生は幼児期に水泳、ピアノ等の楽器、空手、算盤などをしていた人が多いことが分かっています。また、英会話や公文などの習い事をやったり、幼児期にブロック遊びなどをしていた人も多いです。ただし、無理矢理やらせてはいけません。脳が活性化するには、本人が前向きに取り組んでいることが大切です。好奇心が強く、前向きに取り組む性格であることも大切です。大学受験に備えるには、親の仲が良くて、安心して健やかに過ごせる環境があることも重要です。家庭が上手くいっていないと何かに打ち込むことも困難になります。だから、まずは安定した家庭生活を用意することが大切です。さらに経済的にゆとりがあると有利です。経済的にゆとりがあれば、より良い教育が受けられるし、様々な刺激が受けられて、脳が活性化しやすくなるからです。栄養が十分に与えられていることで、脳は活性化するので、食生活が充実していることも大切です。中高一貫の進学校に通えば、大学受験を有利に進められます。公立中学や公立高校はカリキュラムが受験向きでなかったり、内容が薄いという問題がありますが、難関の中高一貫の進学校に行けば、このような問題もなくなります。