医学部合格を目指す|塾を利用して学力をアップ

大学に受かるための戦略

希望する私立大学に合格するには、入試日程などの情報も参考にして、語学力のアップにも力を入れながら学習を進めるべきです。志望校判定模試のデータを参考にして学習を進めたり、レベル順に受験スケジュールを決めるのが、志望校に受かるためのコツです。

医師になりたいあなたへ

塾

独学には限界がある

医学部人気はいつの時代も衰えず、入試は厳しい闘いとなっています。国公立ならいざ知らず、今では私立医学部の競争率及び偏差値も上がっており、お金さえあればだれでも入れるというわけにはいきません。一部の天才ならば、独学で医学部入試を突破できるだけの学力を身につけることもできるでしょうが、大多数は家庭教師や塾の力を借りるのが一般的です。特に国公立を志望するなら、センター試験で高得点を叩き出すことは第一条件であるため、理系分野だけでなく国語や社会英語などの文系教科まで幅広くケアする必要があります。そのために自分に合った塾選びは医学部受験生にとって死活問題といえるでしょう。では、集団講義型の塾と個別指導の塾ではどちらが良いのでしょうか。それぞれの長所と短所について考えてみましょう。集団講義型の良いところは、まず比較的に費用が安いところです。医学部受験は何かとお金がかかることを考えると、塾の費用は抑えたいという人向けですね。反面、一律に授業が進むのでわからないことや苦手分野があると置いていかれやすいというデメリットもあります。また、講師の講義中心となるため、やや演習不足になりがちでもあります。ですから自分の弱点を把握して補う能力や、わからないことは講師や友達に聞いてすぐ解決する積極性が必要でしょう。一方、個別指導型は講師と自分の一対一ですから当然自分にあったレベルで勉強することができます。ただ、そのぶん費用がかかるため、経済的に厳しい家庭には不向きです。また、競い合える友達もつくりにくいという短所もあります。これらのことを考えて、自分の性格に応じて塾を選ぶことをお勧めします。

合格するために

男の人と女子学生

良い環境で学習していくことは、子どもにとっては一生を決めることになる場合も有り、その環境を手に入れるため、岡山では、中学を受験する人が増えています。中学受験においては、これまで多くの合格者を輩出してきた、さまざまな受験対策を行っている塾を選択することが、合格への近道といえます。

幼児期の環境が大切

男女

大学受験を有利に進めたかったら、幼児期の環境を整えることが重要です。安定した家庭生活を用意し、教育的なサポートがしっかりとできる経済力を持つことが大切です。中高一貫の進学校に入れば、カリキュラムが受験に向いているので、とても有利です。